04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-16 (Tue)
スポニチ大阪

スポニチアネックス

『百年への道』ライブ中継に行って来ました。
全体的に、とても楽しめましたし、
一番の発見は、春日野先生の意外性でしょうか
素化粧でのトークがなんせ初めてでしたし、
とてもユニークな方で、すみれコードぎりぎり?
それ以上に、激しいトークに対して
初風諄さんの、ピィーーッが、
また意外で、おかしくて。
編集大変かも。

というわけで、
我らがmizuちゃんの場面は、
レインボー宝塚♪を歌いながらの、
大階段に始まり、
<左小指のキラキラリングが、豪華でした>
トップの風格、オーラが半端なく素敵

娘役トップ陣も、大階段から一人づつ登場。
トップバッターは、愛原さん。
お化粧を、入念に見て貰えたのかな?感が覗えて、
、とても、落ち着いて見えました。

次に、若手男役さんたちのメドレー
そして、轟さん率いるトップさんたちの
黒燕尾モンパリへと続きます。
この時は、リングなし。
そして、
一人残って、スクリーンを背景に
歌劇誌の歴史紹介。

しっかり暗記なさってて・・・
そういう所が凄いですよね。
流石です
えと文で、紹介された、「太巻きあざらし君」
なんとなく、記憶にあって
可愛いっ

第三場 ミュージカル
オクラホマの、 れおん君とねねちゃんの、
初々しいカップルに続き、
mizuちゃんは、If I loved you (回転木馬)
初めて聴く曲でした。
愛原さんとの初ダンス。
ホリゾントいっぱいに使ったダイナミック且つ
緩やかな振り付けで、mizuちゃんの手を差し伸べる指先、
ラインが、とっても素敵
愛原さんは、mizuちゃんの周りを大きく動いて、
上手へ下手へ・・・その距離間が、よかったかも
で、一人セリ下がりでした。
つま先立ち状態で 勢い良く・・腕を回してましたが、
<ん~気持ちは、わかるけどぉ・・・レッドカード?カナ
身長も、体格もある人なので、
バランスが気になる所ですが、
まだ、よくわからないのが、正直な感想。


第三場 宝塚名曲集
では、愛の宝石を。
といえば、ゆりさんと、よしこちゃんが、
メモリーズオブユーでのデュエットと、
タカラヅカ・オーレの黒燕尾を思い出しますが、
あの場面のよしこちゃんのツバの広い帽子と、
白いイメージが大好きでした。
mizuちゃんの衣裳は、フリフリピンク。
以前TCAで、上級生順に好きな色から取って!
なんて事がありましたけど・・・

ピンクは、記憶に新しいとこではパーフェクトマンとか?
遡れば、まみさんのDSでのピンクスーツが
私の中で、優しい思い出として、
大大大好きなスーツ姿だったので、
でも、あのデザインは、インパクトあり!ですよね。
たまには、王子様風も、いいねっ。

OGコーナーでは、元宙組生として、
ずんこさん、わたる君、コムさんが。
宙組誕生の時のエピソードで
筆書きされるとき、
真下から見たために、宙が寅に見えたらしく、
寅組?には、笑っちゃいました。
わたる君は、現役の頃より、ワイルド感が、
逆に、コムさんは、ぽっちゃりして、
すっかり女性っぽくなってました。

汀さんは、相変わらず、気障り王。
しめさんは、トークだけなのに、
衣裳を新調なさったとか・・・
今も、バリバリ男役って感じでした。

そして、フィナーレ。

数年前に、観たTCAの時よりも
数倍鮮明な画像でしたので
臨場感があって楽しめました。

終わってみたら、40分押し
外は、まだ雨が降ってなくて、
地元に戻ると、雷雨でした。

今日の舞台を、
この目で確かめる事が出来た事、
自分の中で、一つ前進・・かな。


スポンサーサイト
* Category : 観劇報告♪
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

美しかった~♪ * by 水佳
B-♪さま
素敵な報告ありがとうございます
私も中継を観てきました~。
我らが水 夏希様は、本当に美しかった
春日野先生が後輩へのメッセージで、「品格、舞台での行儀良さ、そして謙虚」とおっしゃっていましたが、もう~水ちゃんのこと?
プロローグで、歌いながら、まっすぐ前を向いて大階段を降りて来る姿を誇らしい思いで見つめていました。
大階段を降りる時に絶対下を見ないところ。大好きなんですよね
そう言えば、階段を降りるのは全然怖くないって話してましたよね~
ミュージカルナンバーの回転木馬
実は、私の宝塚初観劇の作品なんです
と言っても、子供すぎて、真帆しぶきさんが出演されてたことぐらいしか記憶にないんですけど、雪組だったんですよね~
ほんとダンスは優雅でダイナミック
おまえを~もしも愛したら~真心こめ~  おまえ~と~2人でいるだけで~高鳴る胸~

甘く優しい歌声が心に響くんですよね
今回、愛原さんとの並びに、かなりの覚悟で臨んだのですが~
感想を言えるような並びはありませんでしたね。
私も、あの勢いのある抱きつき方は…
水ちゃんの優しい声のように、フワッと、ふわ~っとね、踊ってて欲しかったなあ~
愛の宝石のフリフリピンクのお衣装と、首元のネックレスには、ちょいとビックリしましたが綺麗でしたね。
贅沢を言えば、第1部のラストのオマージュは、袖から出て来るのではなく、大階段を降りて来て踊る姿を観たかった
でも、映像もとても綺麗でしたし、楽しんで観ることができました
今日は退団者のニュースに寂しさでいっぱいになり、ナガさんと、かなめちゃんの休演のお知らせに心が痛みました
お2人が1日でも早く復帰されますように

個別記事の管理2009-01-16 (Fri)
舞台と客席の一体感を肌で感じられた
素晴らしい千秋楽から二日経ち、
まだ余韻から抜けられないまま
仕事復帰の方もいらっしゃるのでは?

さて、感動と興奮の千秋楽♪
B-♪の一日は、はらはらドキドキで始まりました!
人身事故の影響で、電車が動いてない
乗車規制中の中、運良く1本目に乗車でき、寿司詰め状態で発車。
このスタートが、明暗を分けたようです。
途中、時間調整やら、信号待ちで数回停車
もう、完全に無理だと思いました・・
赤坂駅の改札を出たのが、9時ジャスト!
普段なかなか走らないので(笑)
とにかく転ばないように、と必死!
・・・・・間に合いました
到着直後にお姿が
穏やかな優しい笑顔で、手を振りながら楽屋へ向かわれる姿を
赤ら顔で見送り、心満たされ始まった、千秋楽!
幸先良かったこの日、一番の幸せな気持ちで
観劇の幕を開けることができました。
ということで、楽の報告を・・・

と、その前に、もう昨日になってしまいましたが、
うたばんの未公開シーンで、
AQUA5のVが流れました。
ほんの2分程度でしたが、宝塚の上下関係の話を
年功序列なので・・・との前置きのあと、
楽屋に入るときは、下級生の子が上着を脱がせてくれたり
お茶が出てきたり・・・
すかさず、気持ちいいものですか?と聞かれたmizuちゃん、
え~まあ~と・・・
あとは、上級生に誘われたら、断れないでしょ?との
問いに、メンバー全員首を縦に振ってました。
まだ他にも盛りだくさんにお話されてたはず!
出演時間が決められてあるのなら、
長時間の収録は可哀想ですよね・・・

話は戻って
午前には、WATの二人、
大楽は同期の南城ちゃんを見かけました。
オープニング、歌いながら送った笑顔に
同期へのアイコンタクトかな?と思われる、
ほんとに一瞬の笑みがあり、ほっこり。

今回、今までの中で、演じ手は勿論、
観る側もかなりエネルギーを要する作品でしたね。
出演者がそれぞれのポーズで、
一ページずつめくられる本の中に登場!
洒落た開幕でした・・・
そして、一幕
裁判から始まる場面の緊張感と、
コーラスに、耳を奪われ、
ドラマは始まります。

一幕の粗野で乱暴なミーチャ、
グルーシェニカに対し、純粋に
ひたむきに感情をぶつけ、翻弄される姿に、
なかなか入り込めずにいる自分がいました。
でも、回を重ねる毎に、
キャスト陣のパワーと、2時間のドラマに引き込まれ、
人物それぞれの色濃さが生きた舞台を、
目で心で感じることが出来、
プロフェッショナルな舞台に感動
さまざまな役を自分のものにしていく姿に
またまた、やられたって感じです。

一幕ラストの苦悩の表情・・
手についた血を拭いながら、うろたえ怯える目
脳裏に焼きついて離れないほどです。

苦悩を演じさせたら、右に出るものはいないと、
断言してもいいくらい!

2幕は、その存在感と、
しぐさの随所に見られる切なさと叫び、
ひたすら愛おしかった。

母の面影にすがる悲哀、
裁判での絶望と苦悩…
胸に迫る演技、その表現力に感動の連続でした。

ラストのお髭は、もうたまらなくセクシー
これも、右に出るものはいませんね。
って2度目の断言!

今回は、前半衝動のままに動けなかっただけに、
カラマーゾフの世界にどっぷり浸る頃には
既に楽近く~って感じでしたので、
これは、DVDを購入せねば!

フィナーレの振り付けも、大好きでした。
mizu君ならではの、ダンステク。
スマートで、キュートで、セクシーで、
肩で踊る振りとか、躍動しつつなめらかで
品があるダンス!
ここ力説♪(笑)

という事で、公演も終わり、記憶が薄れる前に・・・と
思いつつ、今日に至ってしまいましたが、
次回は、ゾロ!!
また、かっこいい~お姿で私達の前に現れちゃうわけです。
楽しみは、尽きないですよぉ!
* Category : 観劇報告♪
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

断言!!! * by こっぺりあ
お疲れさまでした。
ほーんとに断言できますよね!
苦悩を演じさせたら、右に出るものはないっv-237
magic!のメンバー、皆さんそう思われていること、間違いないと思います。
素敵な報告、ありがとうございました。

個別記事の管理2008-12-08 (Mon)
お稽古場レポートの概要です。
レポーターゆめみさんの進行で、
まずは、mizuちゃん、いづるん、谷やん、大凪君の4人の
自己紹介から~
ちょっぴり鼻にかかった声と、いつもより切れ長のアーモンドアイ
お稽古期間中のmizuちゃんには、つい親心で心配に~
でも、役になりきった感の緊迫感と、
作品の仕上がり度への期待感に、
気持ちを高める方向に持っていく事にして・・・。

さて、トークの内容ですが、
早い段階でプロローグの振りがついたので、
曲と振りでプロローグから、ぐわっと作品にのめり込む・・・
そんな雰囲気だそうです。
お稽古の初日の日に曲が全部仕上がってて、
それがドラマチックな曲で、一気に勢いがついたみたい。

大好きっと、いづるん絶賛の立ち回りもあるみたいで、
楽しみです。
mizuちゃんの立ち回りは男性並みの迫力があるから!
立ち回りの曲調をジェスチャー付きで説明するmizuちゃんの可愛さに
口角が緩みますよ。
立ち回りと言っても、今回はサーベルです!
一番最近の立ち回りが、星影~だったので、
和物になってしまうらしくて、
こんなに身についていたのかと、嬉しいような、哀しいような・・・
「気をつけないとね、サーベルだからね・・・
軍人だから、私達・・・」とは、mizuちゃん(笑)

ドミートリーは、一番乱暴もので、でも一番純粋ないい人。
私が一番いい人だと思う・・・とは
トークショーでもおっしゃってましたよね。
ゆめみサン曰く、はじめはえっ?と思うかもしれないけど、
変わり目が楽しみなんだそうです。

一番ノーマルと言い切ろうとするいづるんに、
すかさず
「ふつうじゃないよ」と、早口で突っ込むmizu君
でも、みんなふつうじゃなくていいんだよ。
だってカラマーゾフの世界だから・・・と。うんうん

ドミートリーにグルーシェニカを奪われてしまう
と、悔しがる谷やん。
何ももってない感情で生きてるドミートリーさんに
感情の勢いだけで取られてしまうって。
「残念だったなあ」とミーチャの声色で、
肩をぽんぽん(笑)ステキ

大凪君は、
歌いながら振りをやる事に、恥ずかしさが残っちゃうらしく・・・
でも、登場が超2枚目でかっこいいと、mizuちゃんにいじられてました

次男イワン君も東京公演が終わったら、髪をストレートにして
神経質な感じが出てるらしいですよ。

最後に、作品に対する意気込みを~
しゅうちゃん・・表はかっこよく、裏では少々怪しく・・ではなくて・
・と口篭もると、
「いやらしく・・」と横からmizuちゃんの声
やらしく演じれるように頑張りますだそうです・・・

谷やん・・・作品を通して、人が持っている憶測にある感情を
少しでも大きく出せるように何かを
感じていただけるように頑張りたい

いづるん・・・人間の隠れている部分、それぞれの人間がそれぞれの思い
一つのテーマでもある衝動を、理性とかで覆い隠さないで
衝動的に何かをだせるように頑張りたい。

mizuちゃん・・・いままでやったことがないような乱暴で粗野な男性、
その実とても素直で、心優しい人間。
前半は人のどろどろした部分や、ぶつかり合いや葛藤だとか、
衝動によって起こるいろんな事件やドラマがあるが、
最終的には心洗われるような寺島先生の素敵な音楽と
ストーリー展開で、素敵な、(素敵なじゃないですね)
浄化されるような舞台になるはずですので、
みなさん、怖がらずに見に来ていただきたいと思います。
で、〆ていらっしゃいました。

初日までカウントダウンが始まりましたよぉ~
世界でもミュージカル化初
mizuちゃん率いる雪組メンバーが作り上げる
カラマーゾフの世界を、楽しみに待ちたいと思います。

* Category : 観劇報告♪
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-11-19 (Wed)
千秋楽から、3日が過ぎ、未だ脱力感と
ぽっかり心に穴が空いた状態のB-♪です
みなさんは、復活できましたか?

作品の完成度がそう感じさせたのか、
いつも以上に、毎日が早く過ぎて行き
充実した日々・・・
忘れられない作品になりました。
午前は立ち見、午後は2階S席での楽観劇。

ソロモンの指輪は・・・
赤く浮かび上がるリングと
妖艶な表情のガスパール様に、
毎回息を止めて見入ってしまう程。

銀橋をのセリ下がり技、
隠れる寸前のまなざし、あれは罪ですね。
午前は、息が止まるかと思った程、
一回転つきガン見で
下がって行かれました。
午後は、初心者向け!?の普通下り。
でも、天を仰ぎながら、口元がにやり・・
ニクイです

海から大地・・・
研ぎ澄まされたダンスは、水ちゃんならではの
胸に迫る表現力で、自然に涙が頬をつたって来るような、
そんな緊張感と高揚感でした。

そして、祝祭では、なんとしなちゃんを背中から
そっと両手で包み込むように抱きしめて~
優しく見つめたその瞬間、しなちゃんの笑顔が
瞬時に泣き顔に~
宙のテンプテーションの時の、
『娘役涙腺火付け罪』!?再び?
涙を優しく両親指でぬぐってあげてましたね。
ホント、女泣かせ! (って正しいのかな。)

マリポーサの花・・
目を閉じて、アナウンスの声に神経を集中
白いスーツで振り向きながらのネロの声に・・・
いきなり涙腺が・・・
何の為の精神統一だったのか・・・

今回の作品、
水ちゃんとゆみこさんのがっつり組んだ
男の友情芝居に加え
組子達の毎日進化していく様を見ることが出来て、
本当に幸せな毎日でした。

台詞のひとつひとつが、言葉として耳に心に残る
そんなネロの情熱が胸に迫る2時間。
それにしても、ギネスビールの飲み方から、
名刺・封筒の扱い、足の組み方、座り方、
襟の治し方、手の動き、息遣いetc・・すべて、
何でもない動きなのに、有り得ないかっこよさ。

その中でも、ツボその1である、
セリアを「離せっっ」と突き飛ばす、
その過激度が、最強だった事!
思わず、声が出ちゃった位ですから(笑)
あっ、B-♪がねっ
かなり集大成的激しさでした!

ツボその2
エスコからの電話直後のネロの態度。
セリアへの返事が、ちょっと面倒くさげに見えて・・・
話したい時は?電話で話せる・・とか、(目を見ないの)
ほとぼりが冷めたらここに来ることもあるとか、
どうでもいい感じ?
じゃっ!と足早に、うつむき加減に去って行く様が好き(笑)
何気に、個人的感情入ってます?
「今に始まった事じゃない・・・ぬぐいきれない虚しさなど・・・♪」
mizu君の歌には、心があって、
甘い声に、涙腺全開です~

ツボその3
に行く前に、一度送信
つづきます・・・・

* Category : 観劇報告♪
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

復活できない… * by miyu♪
B-♪ちゃんのツボその3を聞く前に割り込み~
水ちゃんはカラマーゾフのお稽古に入り、うたばんの収録も済ませている超ハードスケジュールだというのに、ネロとガスパールから離れられません
私も千秋楽の舞台を観て感じたことをすこしだけ…
水ちゃんのアナウンスを聞きながら、これも最後なんだ~と思った目の前に映し出されたソロモンの指輪の赤い輪…楽は、照明のせいなのか、たまたま私の席からなのか、赤い輪の外側が七色に彩られていたんです
そして、神々しくせり上がられ銀橋を渡られるガスパールは光りに包まれて輝いていました。
ガスパールは妖しく誘いこんでおきながら、この世の誰よりも人間的で、人々の痛みや苦しみ、悲しみを全て取り去ってくれる…楽のソロモンを観た後は、本当に癒されたそんな30分でした。ましてや、あんな光景を見せられたんですものね~劇場中が水ちゃんの大きな愛に包まれましたよね
そして、もう~ネロは…ね~
プロローグで振り返った瞬間の顔が…
B-♪ちゃん水ちゃんがネロと別れるのが辛いって、訴えているような切ない表情だったよね~あとは、もう、場面が過ぎるごとに、シナちゃんのご挨拶じゃないけど、お願いだから、時を止めて!時を戻して、もう一度見せて!って言いたかった。カフェの場面でビール瓶を右手に持ちながら、CIAだ!って、指差すのもツボだったよね~楽前の数日から体調が絶不調だったけど、楽だけは、家でギネスビールで1人祝杯しちゃいましたまだまだあふれる思いは止まらないけど、この辺で~あとはB-♪ちゃんにお任せ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。