10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-06-15 (Mon)
☆やっぱりすごいよ水夏希
♪なごり雪では、自分が歌わない時には舞台装置の箱を自分で移動して、
それに乗ったり座ったりしていた各メンバー。
水さん、下手から上手へ移動する際、
キャスター付の箱の上に腹ばいになり、スー
パーマンのようなポーズでスライド移動していました。

またMCでは次の発言が。
水「昨日帰ってから今日の反省とかしてたのね。
歌詞間違えちゃったし…」に一同エェーッと動揺。
すかさずゆみこちゃんが
「さすが水夏希!」と言ってました。

☆千秋楽ピンクディエゴのアドリブ
水「前回の正塚先生ではアドリブは絶対にダメなんですが、
谷先生はぜんぜんOKという感じ。
大劇場の千秋楽では、
登場した時にカツラを飛ばすということをしたのですが、
わざとではなく偶然落ちたように見せるのが大変でした。
後日、ファンの方からのお手紙で“落としちゃいましたね”と
書いてあるのを読んで“よしよし”と思ったの。」

(←そっか、次回からアドリブのためにわざと仕込んだネタとわかっても、
だまされたフリをしてあげよう)

そして今回、東京での千秋楽のアドリブを
水「どうする?私たち、究極まで行っちゃったよね。
あれを超えるものって…?」
と(おそらく幹部部屋で)考えていたら、
ハマコさんが「ゆみこにのせちゃえば?」
と言ったのでその案を採用したそうです。
さらに、本当はディエゴがステップ踏みながら来たときに
カツラがポーンと飛んで、
メンドーサの頭に乗っかるのが理想だったとか
ゆみこ「私はメンドーサ的にどうしようかとずっと考えていたのですが、
出番直前に水さんから“ゆみこでいいよ”と言われたので
すぐに思いつきました。」

本番ではカツラをのせられた後、
ちょっと場が収まるまで間を待ってから
「そう、このピンクのリボンが…なんでやねん!とやりました」と
誇らしげに語る関西人、ゆみこちゃん。
この後、水さん始め他の二人や会場からも「見たい見たい」と言われ、
目の前で再現してくれました。

☆AQUA5デビューの話
世界陸上の開会式で、世界デビューしちゃいましたよねと
口々に言い合う4人。
ユニット名もMAKAO(それぞれのイニシャルをとって)
にしようかという案もあったけどAQUA5になった。
そして衣装。
「宝塚だから、5人とも大きな羽根を背負うという案も出たのですが、
リオのカーニバルみたいになっちゃうし、
その衣装だったらボディが足りない…」とまたまた自虐ネタの水さん(笑)。

☆桂ちゃんのモノマネ
影ゾロの桂ちゃん、水さんゾロが戦って袖に入ってきたらすぐに
舞台に出なければならないため、呼吸の乱れも合わせようと、
袖では小さくピョンピョン飛んでスタンバッていたそう。
さらに、出る直前に一回だけ大きくジャンプしてから
何事もなかったかのように颯爽と出て行くその様子を3人に真似されて、
キャーっとうずくまって恥ずかしがっていました。

☆ボックスステップゆみこちゃん
ゆみこちゃん、MCの時になんだかリズミカルだなぁと思って見ていたら、
桂ちゃんにだったかな(曖昧)「ボックスステップ(足で四角を描く)を踏みながら
話してますね」と指摘され、
「エェッ、気づかなかった。よく落ち着きがないとは言われます」
と驚きを隠せない様子が可愛かった。

コンサートに行ったはずが、トークショーにも行ったかのような充実感。
AQUA5メンバーの結束の強さ、
そして皆が純粋に一生懸命に頑張っている様子がよくわかり
本当に楽しいひとときでした。
もちろん、ヅカメイクではない4人の歌い踊る姿も
本当にカッコよくて可愛かったです。
ライブってすごい!!
興奮がまだ冷めません。
まだ当分はアホな顔して過ごしそうです。



以上です。
せんべいさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
* Category : AQUA5コンサート
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。