04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-11-01 (Mon)
つづきです・・・
実は、この本堂には、
奈良の大仏に次ぐ
大きさの大仏があったらしいのですが、
本堂の火災と共に焼失、
その火災の際、救出された左手が
仏殿にまつられていました。
現在の仏殿は昭和9年(1934)に
再建されたものだそうです。
番組の予告で、ナイスリアクションで驚いてた
あの瞬間です。
この手が至近距離に現れると、びっくりですよね。

そして、紅葉の名所として知られる
通天橋から眺める渓谷の景色。
あいにく、まだ紅葉は緑一色・・・
しかも、雨がぁ
風情があって、雨もまた良し?

画面は、真っ赤な一面の紅葉に差し替え。
この一面に広がる真紅の紅葉に彩る頃、
是非、行って肉眼で見てみたいな。
圧巻でした。

元々、ここはもみじではなく、
桜の木が咲き誇っていたらしいのです。
明兆という人が、桜の木が多いと、
いずれここが遊興の場になって、
修行の妨げになると、
桜の木を伐ってほしいと願い、
代わりにもみじが植えられたそうです。
外見や身分にとらわれることなく、
物事の本質を見極めようとした明兆は、
桜ではなく、紅葉と共に生きることを選んだのだそうです。
(深い!)

また、東福寺には、唐楓という、三つ葉の楓があって
いろはもみじより紅葉する時期が早いらしく、
その2色のグラデ-ションの美しさは、
絶品だそうですよ。
3人、それぞれ拾った、可愛い三つ葉の楓が、
アップで映ります。
あかかえで

緑の楓 ok

すてき!

紅葉を見ていると、お腹がすいたと、
料亭、粟棘庵(りっきょくあん)へ。
予約なしで頂ける紅葉弁当。
(12月初旬まで)
上品で、色降り綺麗なお弁当です。
松茸のお吸い物を一口。
白身魚のすり身の中に松茸が。
感想が聞けないのかなと思いきや、
2,3本来ました、今。
という真矢さんの感想に被るように、
「結構大量に来ましたねっ」て。
ナイス!です。
でもね、気になる笑い声が・・・
mizuちゃんが、口に運んだあと、
西村さんらしき笑い声が残りつつ、
画面は真矢さんに・・・
もしかして、mizuちゃんのコメントカット?
ん?気になります・・・

と、ここでひとまず送信




拍手からコメント、頂きました。
いつも、ありがとうございます。

にゃんさん
いつも、ありがとうございます。
水不足に恵みの雨・・・
素敵な言葉
京都は、修学旅行で一度きり。
行ってみたいですね~
是非!!是非!!


れ○○さん
ありがとうございます。
少しずつではありますが、
UPできればと・・・
気長に待っていてくださいね。
また、おしゃべりに来てください。


ゆきりんさん
いつも、ありがとうございます。
千羽鶴・・・
我が家にもありますよぉ。
戴いた日のことは
一生忘れない思い出です。
一折一折
愛がこもってますよね。
きっと、戴いた方にも
愛が伝わると思います。

WOWOW加入してくださいっ!って
言っちゃいけないね
コピーワンスじゃなかったら・・・
ダ○○○できちゃうのにぃ
ほんと、不便。。。
また、おしゃべりにきてくださいね。
スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。