10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-01-07 (Fri)
見開き左ページのアップは
トップモデル並みのオーラです。
やっぱり、計り知れない!!
現役のページは、5ページ。
各トップスターの写真と、
各組のファン代表の枠があって、
君島十和子さんも写真入りで
掲載されてます。
次のページが、キムちゃん、
見開きです。
不安やプレッシャーより
ドキドキ、ワクワク!の気持ちの方が強いのだそうで、
キムちゃんらしい大らかさ

本文つづきです。
ラインストーンの線が1本少なかったとしても
お客様が
‘1本線の少ないこの人がいい‘って
思ってくださればいい。

長い間に、何度も何度もそういうことがあって、
そういうふうに受け止めていけばいいんだということを
学んでいったそうです。


舞台のどこにいても、
どんな衣裳を着ていても
何だか、目を引く。
下級生の頃、そういうオーラを感じた中の一つに、
マンハッタン不夜城のラインダンスがありました。
身体全体から放つオーラ、
立ち姿もそうですが、
一コマ一コマの動きに品があって
目を引くんですよね。
弧を描くように流れる動き(ダンス)に
目が離せない、くぎ付け。
好きなアーティストの曲を聴いていて、
じわっと涙が溢れる位、
胸をかき乱されるような事ってありますよね。
mizuちゃんのダンスを観ていると、
それと同じ感情になることが
多くあって、涙が溢れてくるんです。
かき乱される。(激しい?)
そこまで感情を動かされるダンスをする人って、
なかなかないと思うんですよ。
なんて、語ってしまうので、
つづきです。



そんな経験を経てきたからこそ、
「トップという肩書きがあるから
、魅力的になるわけではない」
と、
更に、芸に磨きをかけた。

「お客様を惹きつける力がなければ、
大きな羽根や豪華な衣裳を着ていても
立場なんて関係なくなりますから」

トップスターというポジションを
どんな存在と受け止め、
3年8ヶ月の間勤め上げられたのか。

トップスターて、ミッキーマウスなんです(笑)。
その存在が出てきただけで、ワーッとなっちゃう。
そして、そんな存在でなければいけないと思った


ミッキーマウス!ねずみ年生まれだしね。って
(そうじゃなくって)。って、カルピスのCMみたい?
そんなトップスターの重責から解き放たれた今、
その開放感を楽しみながらも、
次の展開に向かってまた走り始めた。

何をするにも、初めての経験。
自分自身の枠を決めないで、
いろなことにトライしていきたい。
その中で、次の自分の天職と思えるものに
出会えたらいいなと。

「退団直後は、変わらなくていいわけはない!
と思っていたのが、いざ世の中に出たら、
普通に男性がいるわけで。
その中にいたら、イヤでも女に見えるわけですよね、
有り難いことに。
ファッションも含めて、今までの自分を捨てる必要もないし、
かといって今までやってきたことを必要以上に背負っていくこともない。
これからしばらくは、そのバランスが一番難しいかもしれませんね。」

約3ヶ月の充電期間を経て
2011年、新たな高みに向けて始動する。

ファッション誌を飾るモデルさんに引けを取らず
ステキなショット。
存在感です。綺麗~
もっと世間に知ってもらいたい、
もらわないとっ!
と、激しく思うB-♪なのでしたあ。
(って、目覚ましテレビのナレーションみたい)

左ページの左下に
ガイズのメンバーとの写真が
小さく載ってます。
色違いのチェック柄で決めて、
ソファ横並びに。
足を組んだ決めポーズがすてき。

エリザ(大劇バージョン)
のブルーレイが発売されるんですね。
スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。