08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-01-29 (Sat)
本日29日発売・スポーツ報知の記事を、
まとめてみました♪

宝塚男役トップスターの女優転身4ヶ月大追跡

やりたいことは無限大
カッコ悪いヘタクソな所から学ぶ


ストライプのブルーのシャツに、ブルージーンズ!
ベージュのブーツにベスト!
左手を顎に、ソファに足を組み座る
爽やかでボーイッシュな姿。
変わらす素敵です

【上】男役時代の水と
ロビーでインタビュー後の
黒燕尾姿の写真も載ってます。

喪失感.....なし
「AQUA5」でCDデビューするなど、
常に最前線を突っ走ってきた。
演目、役にも恵まれた20年間。
男役として徹底的にこだわり続けた。

「(02年に)初めてディナーショーをやったときの
演出家に、
『小さいことにこだわらなければ
何でもよくなっちゃうじゃん』って言われた事が
すごく印象に残った。
だから、退団公演でも、照明、衣裳とか
すごくこだわりました」


退団後の喪失感は・・・

全然なく、
宝塚では、
『~ねばならない』が、
いっぱいあったが、
無限大にやりたいことがある
ことが楽しかった。
OGの彩吹真央ちゃんと
いろいろな舞台を観劇したり、
ヒップホップのダンスレッスンに通ったり...。
『自由だなあ。時間が足りないな』って
思います。



不安は.....覚悟


女優転身は自分で決断。
一大プロジェクトの「SUMIRE LABO」
宝塚で絶大な人気を誇った水に
4社(講談社・フジテレビ・関西テレビ・所属事務所)
の期待が注がれている。

「不安?あります。
でも、マイナスに捉えていたら、
全然進まないので...。
不安なところは覚悟して受け止めつつ、
自分の新しい科学反応を期待していきたい」


可能性.....試す

3月28日に放送のフジCSドラマを皮切りに
DVDドラマ、5月2日に、東京・新国立劇場で開幕する
舞台まで、すべて同じ役を一貫して演じる。
「ガイズFrom The Earth」が主題歌も。

「どんな役をやりたいんだ?と思ったとき、
これってちょうどいいなって。
いろんな可能性を試させていただけるのは、
凄くありがたいと思います。」


映像....戸惑い


演じるのは婦人警官から刑事見習になったばかりの
「伊原すみれ」
次々に起こる事件を鮮やかに解決する
正義感の強い女刑事。
2月からドラマの撮影がスタートするが、
初の映像の現場に戸惑う気持ちもある。


「今までは1ヶ月お稽古して、初日が開いてから役が深まっていく、
という作り方。
映像は、いきなり本読み、稽古、本番で、
結果出さなきゃいけないんだって思うと、
ドキドキします。
事務所の先輩の真矢さんにも
『カメラが近いから、そこに気を取られちゃダメだよ』って
アドバイスしてもらって『なるほど』って。」


宝塚時代は、常に男役らしく、カッコ良くあることを
追求してきた。
しかし、今の水は、
「カッコ悪くてもいい」という。

「男役以外は全部初めて。
できないところを取り繕うのではなく、
カッコ悪いところとか
ヘタクソなところから
倍速で学んで行きたい。
宝塚は人生の全てでしたが
もっと他の世界が広がっていることを
今は知っている。
広い世界の中で
一回りも二回りも大きくなりたい。」



再出発へ自身を飾るつもりはない。
女優として目の前に広がる新しい階段を
はだしで上がっていく


各月最終土曜日掲載




謙虚すぎる位の謙虚さに
自分に厳しすぎるよぉって
じれったく感じながらも
そこが、誰にも真似できない
凄い所で...

そんな姿を
ずっと見つづけて来て、

新しい世界に一歩踏み出す今、

与えられたもの、与えられた場所に
ただ乗っかるだけでなく、
常に新しい事、自分への挑戦。
前進あるのみ。

自分をわきまえて
常に回りを見渡して、
無限大の可能性にかける
どこまでもかっこいい人なんだと
改めて思いました。

そんな水夏希という
世界にたった一人だけの
素敵な人を
変わらず好きでいられる事
誇りに思います。
...幸せに、思う
スポンサーサイト
* Category : ほっとなニュース
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する