10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-08-10 (Wed)
BGMに、これからどんなことが待っているんだろう~
という曲がかかっていて
って、ここで、なぜかMizちゃん、ふっふっふっふって
ふくみ笑い
パ「いいわぁ~
Mizさんのなんだろ。
ふふふのあとの余白にいったい何があるのか?と
言うかね。
あくまでも想像におまかせします、という・・・」

何何?気になるではないか!

パ「Giyzが歌う歌ってポジティブですよね」
M「そうですね~私、元々ネガティブで、超マイナス思考で、
でも、宝塚にいる間に、変わりましたね。
プラス思考に。」

パ「強くしてくれたんですか?」
M「ネガティブなマイナス要素をポジティブに切り替えていかないと
時間がどんどん過ぎちゃって、もったいないし・・
でも、ほんとにネガティブ出身のポジティブは強いですよ。」
パ「すごぉい!from ネガティブからのポジティブ」
M「FromTheEarthじゃないの。Fromネガティブだからっ(笑)」

わぁい~~(ステキ)

パ「今、Fromネガティブという時のMizさんの目が!
視線が!切れ長の目が!
そこから、今、光線感じましたよ」

どんな目、どんな目?
見たいっ!

M「ハハハハ」
パ「じゃあ、今、完全にMizさんは、ポジティブ?」
M「ポジティブです。あっでも、おととい位かな。
完全に落ち込んで、撃沈してたんですけど。
マネージャーもびっくりするくらい。
でも、それももう一日で、
しょうがない、もう解決!こうやって行こう!みたいな。
違う道を探って探って。」
パ「落ち込んでも、自分の中で、はい、こおまでって区切れるんですか?」
M「ちゃんと、全部全部受け止めて、向きあって。
どん底まで落ちて、ちょっとずつちょっとずつ
こっちだな、いや、こっちだな。こうして行こう。
もう大丈夫!こう行こう、こう行こう、みたいな。」
パ゚「やっぱり、ネガティブ出身のポジティブは違いますね。」
自分の中に入れ込んで、消化して」
M「そっそっそっそっ」
パ「更に上がっていくという」
M「ネガティブな方も安心して!絶対なれるからっ」

力強いお言葉!なれるかなあ~

パ「諦めちゃいそうになるけど・・・」
M「上がっていこう~」めちゃ優しい声♪

パ「こうして行こうとするパワーを、今、
Mizさんから貰ったような気がします。」

ここで、PNマーチさんからお便りで、ライブの話に・・・・
明後日からなので、
もう大変!
大変だけど、至って落ち着いてるMizさん(笑)

M「一応、歌とか踊りとか全部出来て
あとは、もう、ライブなので、
お客様とのキャッチボールじゃないですかあ。
準備できることはあっても
その日のテンション任せみたいな。
感じなのでねえ~」
パ「構えていらっしゃる感じがあるので、
他のメンバーも大船に乗ったつもりで、
ステージに立てそうですね」
M「いやっ、でも彼ら怖いですよ~
興奮するとどこに飛んでいくかわかんないですからね、ほんとに。
パ「風船のように飛んでいくメンバーを
Mizさんが紐で呼び戻すみたいな。」
M「できることなら、私も飛んでいきたいみたいなね。
パ「4人揃って上がってくみたいな。
そしたら、お客さんもついてくるでしょうね。」

M「そう、(ここでうまく軌道修正)
当日は、こんなことしたらどう見えるかなっとかね、
考えずにね、開放して楽しんでいただけたらね、いいですね。」
パ「衣裳とかも、気になりますね。」
M「趣向を凝らして・・・(楽しみっ)
基本的には、心を伝えられたらいいなということで。

東京は、Sold out!
名古屋は、一般前売り始まってますので、是非!

パ「で、リハーサルとか、
積んできたものがあるから、そうやって
落ち着いているんですか?」
との問いに
「いやっ、どうかなぁ~ははっ」って、照れてるっ
宝塚の時にもライブやらせてもらってんですけど、
違う感覚だし、違うものにしたいし、できたらダンサーの方とか
ユニットにも出ていただきますので、
ほんとに新しいコンサートにしたいなと。
半分、出演者の方と、お客様に委ねてるとこがあるので、
ほとに、いや、わかんないですよぉ。
どうしよう、盛り上がらなかったら、って。
よろしく!盛り上げてねっ」

大丈夫です!私たちがついてますっ!

そして、1stアルバムのお話に・・・
4曲がMizさんの作詞によるものということで・・・
M「そうなの。もう、大変でしたよぉ~」
パ「Mizさんの女性としての一面を
惜しげなくでてますよね。」
M「ラブソングになっちゃってるんでしょうね、結局は。
ラブなのか、失恋なのか、思い出すラブなのかとか。
結局ラブか・・みたいな感じで。
難しかったですね、
女子目線で、全部女子、女子みたいなのが
こっぱずかしいな、みたいな感じもあって。

パ「それが、ライブになるとどんな感じになるのか。
M「ねぇぇぇぇ~わっからなぁい」って(笑)

パ「Mizさんに絶対聞こうと思ってたことが。
前回3月に来られたときに、赤い色が気になってるって。
クローゼットにも、ちらほら赤が出てきているのよと。
夏になったので、今、どういう状況になっているのかと」
M「色は増えましたね、やっぱり。
ピンクとかもあるしね。はぁ~~い」
パ「え~トップスとかで取り入れたりするんですか?」

ピンク

M「女子の夏は涼しいっ
ちゃちゃう、男役の時は、ほんとに、肩出すとか
殆どなかったんですよ。
Tシャツ捲り上げるくらいで。首も結構詰まってましたし。
仕事の時は、外でもジャケットとか、足も靴がっつり履いてたし。
今、もっ涼しいっっ。」
パ「公に女子としての初めての夏!涼しさを感じてる。
これは、秋冬も聞いていかなきゃいけないですね。」

秋冬もの出てますからね、ワクワクしますよぉ~だそうです。

で、最後に
今日のテーマだった
この曲をかけて、恋に落ちちゃって~という感じの曲だそうで、
タイトルは
You were mineかな?
定かではありません。
なんだか、優しい声でしっとりと
歌っていて、ですね。
ステキなんですよ~
これ、ライブ会場で聴いたら
泣いちゃう?
人続出かも・・・・

以上です。
あ~こんな時間。
今日は、8時半からですね。

TOKYO FM「Blue Ocean」
8時半から11時の番組です♪
では、おやすみなさぁい
スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。