07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-09-24 (Sat)
今朝は、すっかり秋の風
窓を開けると
空気がひやっと冷たい
長袖の季節がやってきましたね~
一番好きな季節です。
心に優しく、
穏やかになれる季節
そして、人を一番好きになれる季節でもあります。

さて、昨日の
ラジオレポ
まずは
石井竜也のディア・フレンズ CASIO
前半をUPしたいと思います。
だが、しかし

実は、10時からの
OAですが、
何を勘違いしたのか
半からだと思い込み(私にはありがち
20分頃スタンバイ
もう、びっくりです。

余談ですが
昨日は、新宿からの帰り道、
途中駅に寄り道してお買い物。
おはぎを買って電車へ飛び乗ると、
なんと、逆方向
池袋まで戻っていくではないか・・・
こんなこと、日常茶飯事

こんなことばかり
やらかしてしまう今日この頃ですが。

新宿まで行く準備で、
バタバタしてたからかも・・と
自分を慰めつつも、ちょびっと自己嫌悪。

さて気を取り直して

TOKYO FM
石井竜也のディア・フレンズ CASIO ~Mind Frame~

サイトにもUPされてますね。
石井さんの番組レポから
始めます。


石井さんって宝塚フリークなんですね。
終始、宝塚ファン目線で話されてて、
今までこんな事聞いたパーソナリティいた?
って位、ある意味過激な質問責めで~
割愛せざるをえない内容も・・・

まずは
女優と言っていいのかなあ?
僕は役者といいたいなあ~と、
誇らしいお言葉から始まり、
ベルばらのアンドレとオスカルが代表作
黄色い声がぴゃぁぁ~っと飛びまくった
独特の色気がある男役で
たくさんの女性を虜にしてきた
な~んて前振り。

そして
「水・な・つ・きですっ!」
と、キュートにご挨拶。
頭の隅に残ってる
誰もがわかるベルサイユのばらの名台詞を
なんと当時の声で~
との石井さんからのリクエスト。
えぇ~~と言いながらも
「アンドレ、何故ついてきたあぁぁ~とかですかね」
この、とかですかね~が素に戻った言い方で
サバサバ感が出て、素敵すぎます。

石井さんたら、
「泣いちゃうなあ~
あそこの場所ですよね、
橋の上の、あのおっこっちゃうところですよね、オスカルが・・・」
M「アンドレがねっ」
即効、訂正入りましたっ!
オスカルがおっこっちゃいけ~ん。

石「あそこ、いい場所なんだよね、怪我しないんですか?」
M「そうですね、まあ、一応大丈夫ですね。
でも、まあチョコチョコね、舞台で捻挫したりとか、
すりむいたとかありますけど。」

石井「一番最後になると、
フィナーレで羽根つけて~」
M「羽根ね、あれ、おかしいですよね」
あっ出た!おかしいって口癖。
変とかのおかしいって意味じゃないですからね。
水友なら承知のことですよね(笑)

石「階段をばーーっと下りてくるじゃないですか」
意外と狭いらしいですね。」
M「でも、意外と、初舞台の時から
毎回降りるので、だんだん慣れてきて~」

もう、それはそれは
誰よりも美しかったですからね。

<中略>この辺り、危険危険・・

石「水夏希・・・
夏になると
出てくるよね~みたいなことに・・・」
M「いいですね、それね~」
石「季節労働でね。」
M「夏の歌をね、歌いに・・・いいですね。」
とか言いながら、
M「アルバムをね、今度出させていただいたんですけど・・・」と、
宣伝部長健在っぷり。
「すみません
勝手に進めちゃった」
って、早口で
無駄がない。
流石です。しかも、かわいい言い方。

石「Guys From The Earthとうのは
どういった意味?
ガイズなFrom The Earthって事ですよね。」
M「地球・・・・(笑)そのままみたいな(笑)」
石「これはどういった意味・・・」
M「まっ、宝塚退団して、退団後も音楽活動をしながら走りつづけたいなということで、
一人でやるよりもメンズがいた方が新しいスタイルに・・・
宝塚の男役出身ということで、男でもない女でもないみたいな感覚の
ナイスガイみたいなガイというくくりで、メンズとやった方が楽しいんじゃないかな~ということで始めた・・・・」
いつもながら素晴らしいまとめっぷりです。

石「退団後って、急に女性になろうとか
なっちゃう方も多いじゃないですか。
ある意味勿体無いなあと思ったりするんですよ、見ててね。
そこここに男っぽい雰囲気が残ってるわけですよ。
ゴージャスなドレスを着たりするのを見てて
確かにスタイルいいからかっこいいなと
思うんだけど、
そういう意味で個性として
世間にはいないから、もったいないなと。」

M「なんか、なんでしょうね。
女子にならなきゃって思っちゃうんですよね。
男役の鎧を脱いだんだから、
中身は女子じゃなきゃいけない・・みたいな。」
石「鎧じゃないですよ。」
M「み・身についちゃってる?」
石「水さんとか見てると、
もう、野郎と話してるみたいですよ。」
M「(笑う)もう、たいへ~ん」
石「おまえ昨日どこ行ったんだよ~って言っちゃいそうなきがするもん。」

おかしい石井さん。

ここで、KEEP ONの話に突入です。

これから、13回忌の法要に。
続きは今夜・・・。

スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する