09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-09-25 (Sun)
後半、遅くなりましたぁ~
昨夜は、うとうとしながら打ってたら
下書きがさくっと消え
保存してないっ
またまた、やってしまいました

で、
2時を回ってたので
挫折。
なわけで、
続き行きますよぉ~
とその前に
J-WAVEでOAされた
DJ DRAGONさんの番組サイト
画像がupされていました。


昨日の特番のゲストの皆さんです。
水夏希さんは1年振りの男役スタイル!?で登場!!

足長い~~

男役の中の男役ですからね。

内面も男前です。そんな水さんの

良い男の条件とは!

『いさぎよさ』

水さんらしい~

水さん率いるGUYS FROM THE EARTHは

12月24日に赤坂ブリッツに出演します。

朝早くからありがとうございます。


ということでレポ、スタート♪
KEEP ONの話に突入~からでしたね。

M「アルバムのね、写真だけだと
顔しか映ってないから
ちょっっと想像つきにくいかと思いますが・・」
って、かなり低めのトーンで。
野郎とかいうからぁ、石井さん。
乙女なんですからっ。


この中から一曲!
基本基本
タイトルにもなってますからね。
ということで
「Keep On」がかかります。

次は、ゲストが写真を持参して
語るというコーナーです。

石「水さんから持ってきていただいた写真は・・・」
と、言いかけると
うふふふふ・・・・と、妙に色っぽい笑い声が。

石「ギターのカポタストをつけた、
明らかに始めたばっかりだなっていう・・」

M「バレちゃいました?ばれますよね。」
で、石井さんが気になるのは
ギターが横たわる白いふわふわなもの。

白い毛皮の上に置いてある?
男の人は、壁に立てたりするらしく・・・

M「壁はないんですよね、うち。」
石「野っぱら?壁がないってそういう事になりますよ。
M「そうね~硝子・・・とか、壁のところには鏡が置いてある」

石「あんた、何いってるの?」
<あ、あ、あんたって・・石井さん!>
わかんないです、言ってることが。
<いえ、わかるでしょう。スターですよ、スター。
ねえ、華さん!って
こんなとこで呼びかけちゃったけど。すみません・・>


M「っていうか・・」
石「着替えとかどうするの?」
<ほんとに壁がないとでも・・・・>

要するにですね、
壁の前にはものが置いてあって、
隙間がない、って事らしいんですね。

わかりますよね。

石「あっ、ぴっちりしちゃってる。」
M「そっそっそっそっそっ」
石「何をそんなにみっちり置いてあるの?」
M「なんかね、スペースがあるところには、
鏡をどーーんと置いてあって。」
石「あっ、姿見を。あっ、そっこで毎日」
M「大事ですよ、やっぱり。」
石「やっぱりこう、立ちポーズとか、
おまえ今日いいじゃん、みたいな、感じで。
俺、今日、おまえに70点みたいな感じで。」

しきりに笑ってらっしゃいます・・・・・

M「鏡に向かって。(笑)こう、等身のね、バランスを見る、みたいなね。」
で、一応、解決したようです。

石「これは、ソファ?」
M「ソファなんです、その上に敷いてるんです。」
石「あっ、ソファに白い毛皮を敷いて。」
M「・・・立てかけてる」
石「なんかっ・・・・なんか、お店みたい。」
M「あっはっはっは、そうね、そういえば。」
<そうね~が、なんか好き>
石「お店みたいな、ちょっと、開けるんじゃない?お店を」
M「いやいや、そんなことないです。」
石「よく来たね!(男役っぽい口調で)みたいな。」
M「ここだけ、ここだけです。ここだけ、ここだけ」
石「そこで、ギターをつま弾いてる」
M「・・音楽やるのに、出来たら、かっこいいかなぁみたいな。
不純なんです、動機が。」
石「みんな不純ですよ。(爆笑)弾いてる自分をやっぱり鏡に映すんでしょ。
あっ、なんか似合ってるじゃんみたいな。」
M「それどころじゃないですよ、必死ですよ。」
石「加えタバコかなんかで・・・」
M「いえいえいえいえ・・・」
<もう、どこまで妄想広がるんでしょ。タバコは吸いませんってば>
そこまでなりきると、上手くなりますよね」
<って、いやいや、妄想域広がりすぎだから!!>

M「あっ、そうねえ。 (ってほら、いい人だから)
それ大事ですよね。フォームがね。」

石「フォームが。弾けなくても弾けるように感じる」
<ってなんてことを・・・・>
M「そうですよね、そうだわ、ほんと。」
石「やっぱり。形からですよ。引かなくてもいいんですもんね」
M「いやいやいや。」
石「今コンピュータがやってくれますからっ。
<こらっ、石井さんってば。大爆笑してるし。>

弾けるんだったら、とことんやりたい方でしょう。」
M「そうですよ」

石「性格的にはね。あそこにいたら、やっぱり
そういう性格になりますよ、だって。」
M「あっ、そうですかね。」
石「頑張りやさんの塊じゃないですか。」
M「ふあ~~はっっ」
石「頑張りやさんっ!そういう人ばかりな気がしますもん、やっぱり」
M「あっ、確かにね。確かにそうかも」
石「泣かないっ!みたいな、泣かない。そういう・・・」
M「芯はありますね、涙を堪えて・・訴えるみたいな。」

ここで、
またまた独自の石井節が繰り広げられるわけです。
<カット!part2>
大まかにまとめますと。
水さんに注意される(叱られる)
下級生が
その叱られてる現状に酔っちゃってて、聞いてないと。
で、覚えてないの?今、言ったよね~的な会話なんですが、
石井さん曰く
昼間っから話す内容じゃない、とかって
一人で盛り上がってました。

水ちゃんの口調がね~
も、なんていうか、これは、
是非、聞いてみてくださいね。素敵だから

ここで、〆に突入。
話は尽きないんですけど、って、
急に真面目なトーンで石井さん。

今後の活躍も楽しみにしていきたい、水さんでございますけど。

僕としては一応ユーザーとして、聞いてる人間として
ここが聞きたいなというところを聞いたつもりでいますので。
多分聞いた人間は納得できてるんだということで、<いいわけ?>

役者
水夏希さん でございました。


という内容の濃い20分でした。
ほんとに、素直で、正直で
回転が速い
いつものmizuちゃんでした。
やっぱり、ラジオのパーソナリティ
やってほしいなあ。

秋の夜長に
優しい声でお部屋に訪問
そっと語りかけてくれるなんて、
そんな贅沢、ないと思うなあ~
ですよねっ


スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する